スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW近畿の旅・弥山~八経ヶ岳

2015.5.3(日) 二日目 天気予報は下り坂

この日は大峯奥駆道の一部を歩く 以前から楽しみにしていた日ですが
車移動ではない私達には 交通の便が悪くて計画しにくいエリアでもありました

色々プランを練った結果 やはり通常通り行者還トンネルから登る事になった
行者還トンネル西口までは 下市口駅から天川川合まで路線バスで1時間
そこからタクシーで約5000円

ところがそのつもりで計画していたのにタクシー予約の電話をしたら
GWの予約は受けられないとの事!
理由は天川村にタクシーは一台しかないからだという・・・(ノω<;)

タクシーがなければ天川川合からのピストンになってしまうけど
山は出来るだけワンウェイで歩く、が自分流だから そこはなんとか頑張りたい
調べた結果 下市口駅からならタクシーがあり、11000円くらいで行けることを知り無事予約完了

ところが出発の前日の晩 地図を眺めていてふと気が付いた
自分が登ろうとしていた登山口は 行者還トンネルの手前の”大川口”というところだった
行者還岳経由で行くつもりで 勝手にその麓が”トンネル西口”だと思い込んでいた私・・・

まあ、私の持っている2009年の地図では破線になってるけど歩けるよね?
いやまてよ、一応大峯に詳しい方に聞いてみようと連絡すると

「そこはバリルートなのでやめましょう、熊の巣とも言われていますよ」

わぁ・・・聞いてよかった・・・気づいて良かった、熊の餌食になるところだった(笑)
どおりで調べてもここ何年も登った人の記録がない訳だ・・・

(前置き長過ぎですいません・・・)



▽八経ヶ岳を目指して▽

20150503-24.jpg
自分の勘違いだから仕方ない、では行者還トンネル西口からでは歩き足りないけど
弥山小屋にもう予約してるのだからゆっくりしましょと諦めたら
行者還トンネル東口からのルートはいいですよ~というナイスアドバイスを頂いた♪
地元の人の意見は聞くものだ!と直前にくるくる予定は変わり
めでたく東口へと降りたら 曇り予報だったのに早くも霧雨が(笑)


20150503-1.jpg
トンネル西口は路駐が酷く登山者でごった返していたのに たった5分先の東口は車が5台ほど
静かな山歩きを好む人にはもってこいのルートのようだ
苔が美しい道を 赤テープと踏み跡見ながら進んで行くと


20150503-2.jpg
しっかりとした道標が出てきました


20150503-3.jpg
誰にも合わない静かな道 途中ソロの男性が一人あがってきただけでマイペースで進みます


20150503-6.jpg
するとどんより空の暗めな道に ぽつぽつとピンク色が見えるではないですか
わ~い♪ シハイスミレかマキノスミレか?
同じような顔をしていても 葉っぱの裏が紫だったり緑だったり 見つける度に確認してみたり
スミレ勉強中の私には思わぬプレゼントが嬉しくて 霧雨でもハイテンション♪



20150503-30.jpg
嬉しいことに 見たことがあるような無いようなスミレが次々現れます
この子は???帰ってから調べたら 側弁に毛がびっしりあったのでヒメミヤマスミレ?



20150503-31.jpg
ワチガイソウとちょっとピンクの濃いヒメミヤマスミレ?



20150503-32.jpg
小さな小さなヒメイチゲ
右はあっちこっちにたくさん咲いてた 小さくてフモトスミレに似てるけど・・・
フモト関西バージョン?(笑)

楽しい寄り道は尾根に上がっても続きました(*´∀`*)


20150503-4.jpg
花に夢中になってて ふと目を上げると 気持ちの良い尾根道が広がっていました


20150503-5.jpg
バイケイソウの緑が目に鮮やか
ここがお勧めの尾根歩きだったのね 
とっても雰囲気のある気持ちの良い道で おすすめの意味がよくわかりました
ここから弥山を見ながら歩けるらしいのだけど 今日はこんな天気で残念でした



20150503-7.jpg
霧雨が更に強くなり 辺りは幽玄な雰囲気になってきましたよ



20150503-8.jpg
それでも楽しい尾根歩きは続きます


20150503-9.jpg
足元にはまだまだ小さい菫が咲いています
フモトの関西バージョンと思っていたのは もしかして トウカイスミレというのかしら?



20150503-25.jpg
奥駈道出合に着いたら 一気に人が増えて賑やかになりました



20150503-21.jpg
いくつかのポイントを過ぎると聖宝ノ宿 聖宝理源大師は大峰山中興の祖だそうです
ここで軽く昼食を取り 先へ進むと九十九折の登りになりました


20150503-22.jpg
この時間降りてくる人も多く 交わしながら進むと階段になり
そこを登り切ったら小屋が見えて 弥山に到着しました この時点ではまだ雨は霧雨
小屋にザックを置かせてもらい 八経ヶ岳までピストンします




20150503-10.jpg
トウヒの立ち枯れの風景 いかにも八経 修験道の山って感じがします
でもここまでは日帰りでも来れるコースらしいので 軽装な人が多かったです


20150503-23.jpg
予想通り 山頂は真っ白何も見えない  弥山神社でも真っ白で何も見えず・・・
国見八方睨からの風景や おすすめポイントを教えて頂いたのに 心の目で見るしかありませんでした
保護柵に囲まれたオオヤマレンゲの木 花も一度は見てみたいなぁ

小屋に戻ったら雨風が強くなり テントを張るのも大変そうな天気になりました



△弥山小屋情報△
自分が調べてもなかなか情報がなく困ったので残しておきます
20150503-26.jpg
小屋は広く 布団も毛布二枚と掛布団があり 部屋ごとに石油ファンヒーター有
食堂もりっぱな木製のテーブルで広くキレイ この日は布団一枚に一人 トイレはキレイ
衛星TV等なく天気情報なし 携帯不可(docomo)
自炊だったので食事は食べてませんが 写真の通り手作りの物はなく質素なレトルト お味噌汁はインスタント
ビール350ml ¥500  ペットボトルお茶・ジュース有 水は1リットル ¥100
食料はカップ麵のみ お菓子や飴・チョコ 行動食等何も置いていません 
夕食だけでは足りなそうな感じなので 持っていた方がよさそうです・要予約



▽天川川合へ下山▽

2015.5.4(月) 雨 降ったりやんだり

夜中に降っていた雨は 朝 風と共に強くなり早立ちの人は出発を躊躇していた
私たちはバスの時間までに下山するだけと
ゆっくり支度しているうちに雨は小降りになった

20150503-11.jpg
天川川合までのCTは6時間 下山のほうが時間がかかります


20150503-12.jpg
小雨の降る中降りて行きます 景色は昨日と変わらず


20150503-13.jpg
途中から階段になった しかも長い長い
こちらを登ってくるのは根気が必要な感じがしました
濡れた木道は危険がいっぱい 慎重にゆっくり下って行くと・・・


20150503-34.jpg
ヒメイチゲが気持ちよさそうに咲いている 美しい”狼平”に着きました



20150503-27.jpg
さて橋を渡って川合方面へ降りて行きますが 白倉方面の弥山川沿いのルートは
沢登りの上級者コースで 平成23年9月の台風により崩壊し避難小屋も流出
下山は出来ないルートだそうです
たまたま会った男性二人は昨日登りにとってたどり着けず 途中ビバークしたとの事でした
通行できないことを先に教えて頂いてたので助かりました



20150503-15.jpg
下山途中 ブナが美しい森にハッとさせられ


20150503-16.jpg
見上げればガスに煙る森
もちろん天気が良い方がいいけど こんな美しい瞬間に出会えるのだから雨も悪くないよね
・・・と負け惜しみ (´ε` )



20150503-18.jpg
時折ガスが切れ すーっと空気が入れ替わる
目に緑が飛び込んで来たら 昨日は気づかなかった こんな美しい大峯山脈の姿を見ることが出来た
ああ、そうだ ここは神々が宿る 聖なる山なんだ





20150503-17.jpg
このルートも長くて忍耐がいりますが それも精神修行と思えばありがたいでしょう
5時間ほど降りてきたらいつも見ているような山の雰囲気に変わり


20150503-19.jpg
ひっそりと咲く 初見のフイリシハイスミレ


20150503-28.jpg
マキノかシハイか結局わからないままのスミレと 初見のヒメフタバラン
お花を楽しみながら徐々に標高を下げ



20150503-20.jpg
尾根通しは町や車の音もない 右も左も山しかみえない世界だったけど
ようやく眼下に人家が見えてきて



20150503-29.jpg
長い橋を渡ってゴール

大峯奥駆道 山岳信仰の聖なる道の一部 しかも楽な部分しか歩いていないけど
ここを何日もかけて歩き通すのは 強靭な精神と肉体を持ってなければ成しえないことと思いました
途中すれ違った 大きなザックで単独縦走する若者たちが眩しかった二日間でした






■行程■
5/3:下市口駅7:00→タクシー(¥11,360)→行者還トンネル東口8:15→一ノ峠9:50→奥駈道出合10:35→弁天の森→聖宝ノ宿11:40~11:55→弥山小屋12:50→八経ヶ岳・弥山神社ピストン→弥山小屋14:20

5/4:弥山小屋6:50→狼平7:50→栃尾辻9:50→川合登山口12:50


※大台ケ原から下山するバスで途中下車し、和佐又ヒュッテに泊まり弥山を目指すプランも考えました
和佐又バス停からヒュッテまでは徒歩一時間(送迎はありません)
バス時刻から推定するとヒュッテ到着が18時前後
和佐又から弥山までの標準CTは8~10時間
たくさん歩きたい時はこちらのルートもよさそうです



◆SPECIAL THANKS TO SLOW TREK



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




スポンサーサイト

-2 Comments

cyu2 says..."Re: chiakiさん"
も行かれていたのですね。
自分のレポがやっと終わって、皆さんの所に行けるので、
合わせて拝見させて頂きますね、楽しみ~

そうなんですよね、オオヤマレンゲ。見たいけど季節を変えて訪れるには
遠いし交通費がかかりすぎてなかなか厳しい場所ですよね。

・・・とか言って行っちゃったりして(*´∀`*)


2015.05.10 15:19 | URL | #- [edit]
chiaki says...""
cyu2さん達は東北?どこかな?と思っていました。

公共交通機関の乗り継ぎは調べるのもホントに大変ですよね。
私は百名山狙いのオジサマ3人行きましたが、登山口までが車でも遠かったです。
私は4月下旬に行ったんですが、花も何も咲いていませんでした。
可愛いスミレが咲いていて良かったですね。
オオヤマレンゲ、私も見たいけれど...遠いから行くチャンスはないかも。

2015.05.09 07:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。