スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光・雲竜瀑へ

今週はどこへ行こうかな?
この間一人だったから行けなかった あしがくぼの氷柱でも見に行こうかな~

いやまてよ? 大事なことを思い出した!
「氷柱」と言えば2008年 ブロトモの記事で初めて知った
いつか行ってみたいと思っていた場所があったではないですか!
良かった思い出して 今ならまだ間に合うよ~

冬の1月下旬~2月の中旬の僅かな期間だけ出現するという氷瀑を求めて
初めての雲竜渓谷へ行ってきました





2015.1.31(土) 調べた結果 朝一番の電車で来ても十分日帰り出来ると解り 
浅草から東武線に乗って「東武日光駅」へ

駅前からタクシーに乗りますが 下ろされた場所がゲートよりずいぶん下の滝尾神社 (´ε` )
路面が凍結しているのと 路駐が多くてUターンできないから運転手は嫌がるようで
まあ 想定内だから仕方ないと神社で降りてスタートです


20150131-11.jpg
しか~し ゲートまで約45分もかかった(^_^;) 車ならなぁ・・・と早くもため息

ゲートには今日訓練があるとのことで県警の方がいらっしゃいました
ここでアイゼンを付け 案内板を左に入る林道コースを進みます(林道はアイゼンなしでもOK)
直進コースもあるらしいのですが 事前情報だとルートが解らず引き返したりするケースが多いみたい
ここで無理して戻りが日没になるのは嫌なので おとなしく林道へ進むとします

ですが

この林道歩きが長い長い長い・・・・延々と地味で歩きにくい傾斜を登るだけで何の変化もなし
まるで苦行のようです・・・いつもよりさらに無言で進む私達

ようやく変化があったのが「稲荷川展望台」
ザックを下ろして休憩するも 朝はあんなに良い天気だったのにどんより空

20150131-15.jpg
・・・チーン
ここから女峰山が見えるらしいんだけど 栃木の山はほとんど来たことのない私達
どれがどれやら?


そんなこんなでテンションの上がらぬまま 黙々と林道歩きは続き
ようやく「洞門岩」に着くと 何?この人だかり?そして車があるのはなぜ??


20157.jpg
どうやらツアーの車は特別?ここまで入れるらしい
えーー!それってアリ?
私たちここまで2時間かけて歩いてきたというのに
そんな楽しちゃったら わざわざ感がなくて感動がないんじゃないの?!
・・・というのは林道歩きで疲れた私の心の声
もし次回があるとするならば 私もツアーで来たいっ!笑
《追記》*注意*直接聞いたわけではありませんのでツアー利用予定の方はご自分でご確認ください。


20150131-19.jpg
ここから2グループと同じような時間帯になってしまい あっちこっちで渋滞発生
全く来たことのない私たちにとって トレースがあるのはありがたいのですが
なぜここで?というような場所でも渋滞発生するから 待ってる間に身体がどんどん冷える
う~ん 人気があるのは知っていたけど土日だとこんな凄いんだね・・・


20150131-17.jpg
待たされるのがキライな誰かさん 団体さんの間をすり抜け先頭になって進む
ところが気づけばこちらはルートではないらしく 前方はふさがり トレースも消えていた
これは明らかに違うでしょ!とまた元に戻る 10分程度のロスだったのでまだ良かったけど

さっき徒渉した場所まで戻ってみれば すぐ左側に見えていた斜面を登るのが正解
よく見ればピンクリボンも付いているではないですか 焦るとろくなことがありませんね( ̄ω ̄;)


20150131-20.jpg
そんなこんなでようやく「雲竜渓谷」の入り口にたどり着いたのは
神社をスタートしてから2時間50分後でした



20150131-13.jpg
ここまでで気持ちも足も疲れちゃったし 天気は悪くなるばかりだしなんだか冴えない気分
それでも前方に目指す神殿らしきものが見えてくるとテンションあがる!
ここまででもいくつかの氷柱は見てきたけど やっぱりここのは大きいね


20150131-10.jpg
でたー!やっと着いた!これを見るために延々と歩いてきたんだもんね・・・


20150131-2.jpg
一番奥まで行くと 突きあたりに「雲竜瀑」が見えた
あそこまで行くには 正面をロープで(持参)登るか 右手を高巻いて登るかの二択
私たちはクライミング技術などないので もちろん高巻ですが結構な高さです


20150131-4.jpg
どーん ガッチガチな雲竜瀑が現れます
これでも今年は小さい方とか? 


20150131-3.jpg
滝の奥にもたくさんのつらら 見ているだけで自分まで凍りそう・・・


20150131-1.jpg
ここに張り付いている方が二人いらっしゃいました(゚Д゚;)


20150131-8.jpg
本当はお腹もペコペコ ここでランチとしたいところなのですが
とにかく寒い!!ので早々に切り上げます
ここにくる一番の目的 一度体験してみたかった 氷柱の裏側へ


20150131-6.jpg
うわぁ綺麗・・・本当にアイスブルーだね


20150131-9.jpg
太陽光線があったらもっとキレイに輝いたかもしれないけど
曇り空でもブルーに見えてよかった


20150131-7.jpg
お決まりの構図ですが ここから見上げる雲竜瀑
メインの滝を惹きたてるように 辺り一面氷のシャンデリアで飾り立てる う~ん 凄い眺め
そしてこの自分まで凍ってしまいそうな寒さで 体感的にもまさにここは氷の神殿でした


20150131-5.jpg
それにしても 陽が射さないこの渓谷の寒さといったら!
当然でといえば当然ですね これだけの氷柱を創り出すんですから
でもでも もう身体がタイムアウトです!寒いです!吹雪いてます!帰ります!
美しい自然の造形美を魅せてくれてありがとう、雲竜渓谷!


20150131-16.jpg
渓谷入口まで戻ってから簡単にランチを済ませます(寒くてゆっくり座っていられません)
帰りは団体さんは林道コースへ行ったので 来た道を戻ることにします
渋滞に巻き込まれなかったので 洞門岩から雲竜渓谷入口まで行きに40分以上かかったのに
帰りはたったの20分 一度通ったというのもあるけど早く戻れて良かった


20150131-18.jpg
今回初めてここを歩いて解ったのですが トレースがないと自分には多分進めない場所だなぁ
歩いたことのない雪に覆われた渓谷を歩くのは そんなに容易ではないと感じました



20150131-14.jpg
徒渉を繰り返していたアイゼンとストックはすっかり凍りついてしまい ビクともせず
脱ぎたくても脱げない状態になっていた
神社に戻ってからポットのお湯で解凍してアイゼンをはずし
またタクシーを呼んで駅前の「日光ステーションホテルクラシック」の温泉で
冷えた体を温めて帰りましたとさ






■行程■
東武浅草駅6:20→東武日光駅8:25(株優券利用で¥900)
タクシーで滝尾神社
(帰りに気づきましたがゲートのところまで入ってる車は皆”日光交通”でした 約¥1400)

滝尾神社9:00→ゲート9:45→稲荷川展望台10:30→洞門岩11:00→雲竜渓谷入口11:50
~見学~12:55(昼食)→雲竜渓谷入口14:00→ゲート14:47→滝尾神社15:20
(入浴)

JR日光17:07→宇都宮17:49/17:57→(湘南新宿ライン)新宿駅19:45



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



スポンサーサイト

-24 Comments

cyu2 says..."げんさん"
あらら。
二週連続でバッタリニアミスしてたら面白かったですね~(v´∀`*)
案外バッタリ率高いですよね?げんさんとは。
北岳二重バッタリはほんと驚きました(笑)

出張だったなんて残念でしたね。
でも今週末ならまだ間に合いそうですよね?
行けるといいですね~一年に3週間だけ(ほぼ)っていうのがまた、そそられますよね。
あのアイスブルーは格別でした。
2015.02.08 21:29 | URL | #- [edit]
げんさん says...""
そして・・・
私も次はココの予定でした。

たまたま週末にかけて出張がはいってしまい、
山には行けなかったのですが、
行けてたらまたもやニアミスでしたね(笑)

ここ数年憧れの雲竜渓谷です。

2015.02.08 15:49 | URL | #- [edit]
cyu2 says..."アフーさん"
ワンバンコ♪
勝手にリンクしちゃってゴメンナサイね、また書き込みに行かなくちゃと思ってて・・・
写真を載せようと思ったのだけど、全然撮ってなかったみたいで、ルートの写真がありませんでした。
それだけ元気がなかったということでしょうか・・

アフーさんのもう一度見直したら、登って降りたところまではあってたみたいですよ?
あそこを降りてからまた何度か徒渉したら友知らずでしたね、でもトレースなくて初めての場所じゃ
絶対わからないと思いました。
というか、アフーさんもうちゃんと雲竜瀑の核心部まで行ってるじゃないですか(*´∀`*)
最後の滝までアフーさんが立った場所から10分とかからないですから、もう行ったと同じですよ。
本当にあの頃あそこまで行くのは大変だったと思いますよ、よく頑張りました!
そして二回目の・・・今見ると笑っちゃうけど(ごめんね)ツエルト事件は衝撃的でしたね(笑)
いや、良くわかります、展望台のところで私も強い風にあおられましたから。

それにしてもいま読み返すとなんだか懐かしくて私の方が嬉しくなっちゃいました。
本当にたくさんの思い出、そして色々あったよね~(〃ノωノ)
そしていつもスットコドッコイで(愛をこめて)カッコイイ、アフーさんに元気をもらってた、
あの時期は何度目かの青春だった気がしますよ。
アタマヤマでスキーは叶わなかったけど、またどこかでバッタリしたらハグしましょうね♪

今はチョビッツ君がまだ小さいから雲竜瀑は無理だけど、
いつか親子で行ける日が来るのもまた楽しみですね。
私も最近は自由な時間が少なくなって、なかなか書き込めなかったけど、
またちょくちょく顔だしますのでおしゃべりしましょう~

こちらこそ、ありがとう。
赤い糸だと私も思ってます(*^_^*)

2015.02.05 20:52 | URL | #- [edit]
アフー says..."先はこんなだったのですね!"
こんばんは! そして完全に出遅れアフーであります。
すっごく食い入るように拝見しました!
2度の敗退で三度目がなかなかいけずで・・・
氷瀑本当に圧巻ですね! あの先はこんな風になっていたんだと
親分と一緒に記憶を辿りました! 私が買ってはじめてのピッケルを落として来た
記憶を親分が思い出しまして。。。(照)

今はツアーなどもあるんですね! 私もあの林道歩き・・・省けるのなら
ちょっとツアーもなんて誘惑にまけそうな予感です。でも確かに私達が
行った一度目にも車があった記憶です! クライミングの人達なのかななどと
テントを張っていたクライミンググループもあったりと・・・

cyu2さんのブログの綺麗な写真とそして素敵な文面でさらに雲竜への憧れが
強くなったアフーより♪ リンクとっても嬉しかったです!
2015.02.05 19:21 | URL | #JalddpaA [edit]
cyu2 says..."nousagiさん"
いやいやいや!ツアーの方たちの件は、
直接聞いたわけではなく、私の勘違いの可能性が高いので本気になさらずに!
皆さんそのつもりになられると困ってしまいますので本文に追記しました。
ご迷惑おかけしてスイマセン。

nousagiさんも行かれたのですね。
ほーんと、ゲートまででも萎えました。
天気が悪くて途中でもういいかな・・とも思っちゃいましたよ。
でもnousagiさんの”弱体の私”は違うと思います!
弱体の方はあんなに歩けませんって!バリルートも!
絶対健脚さんだと思います(*^_^*)

2015.02.05 13:52 | URL | #- [edit]
cyu2 says..."ピテカン&カッパさん"
一度くらいは?行ってみてもいいかもしれませんね(o^^o)♪
山と違い難易度的には低いのですが、なんでしょうね~なんか気持ちが萎えますねぇ、あの林道が。
なので「ここは林道じゃない!山道だ!」と自分に言い聞かせていたのですがやっぱり気持ちで負けました・・・

寒いのは辛いのですが、冬には冬しか見れないものがありますよね~
2015.02.05 13:47 | URL | #- [edit]
nousagi says...""
お疲れ様でした~。
滝尾神社からゲートまでもずいぶん長いですよね。
ゲートから歩いただけでけっこうバテましたよ。
ツアーだけ、先まで入れるというのもズルいですね。(-"-)
一般車もあの位置までは入れたら
すごく楽なのに・・・。
と、弱体の私は思うのでした。(^^ゞ
2015.02.05 11:25 | URL | #h5XkFFxg [edit]
ピテカン&カッパ says...""
こんばんは。

雲竜渓谷の氷瀑、素晴らしいですね!!
でも、辿り着くのが大変そう~・・?
わたしたちもまだ行ったことがないので、
ぜひ一度行ってみたいな~・・なんて思ってしまいましあた~!

それにしても、すごい人ですね・・
やっぱりこの時期限定のお楽しみですものね~
2015.02.04 23:19 | URL | #9GQyiprs [edit]
cyu2 says..."ウッドさん"
ようやく行ってきました!
思い出さなければまた今年も逃していたと思うので良かったです(´゚艸゚)

ウッドさんとアフーさんのところで見てから早8年くらいたつんですね。
今回自分が行ってみてから当時のレポ拝見すると、
やはり人が少ない分、静かで大きな氷瀑が見れていたように思いますが、
その分、たどり着くのは大変だったのでは、としみじみ感じました。

ツアーのマイクロバスは車に目印があるのですぐわかりますね・笑

ウッドさんの行かれるあっちの静かな沢もいいですよね~
それこそ、知られないで欲しいという気持ちになるでしょう~

明日かな?また雰囲気のある素敵な写真、待ってます♪





2015.02.04 20:51 | URL | #- [edit]
井上ウッド says...""
遂に!!
いいですよね~!!
たしかに今年はちょっと小さそうですが、充分だと思います!!

僕も始めて行った9年くらい前
経験者にくっついてったんですが、バッチリ迷いました(笑)
あの頃は人っ子一人いなかったんですけどね・・・。

訓練の日は当然地元ガイドさんは前もって知っているので洞門岩まで・・・
あ、これ以上は言わないでおきますね。笑

僕も明日行ってきます!!
2015.02.04 03:01 | URL | #- [edit]
cyu2 says..."むこうぶち 傀さま"
そういうことでしたか
たまたま同じ時間帯に車の前で支度していたんですかね。
よくわかりました、教えて頂きありがとうございました。
2015.02.03 22:29 | URL | #- [edit]
むこうぶち 傀 says...""
洞門岩まで車で行けるのは、
パトロールとかの人だけという認識です。
(一般人はゲートまで)

1/31は、山岳救助訓練をしていたみたいなので、
その人達です。
(私も偶然訓練の日に行きましたが、洞門岩に車が一杯でした)
2015.02.03 21:47 | URL | #- [edit]
cyu2 says..."Chiakiさん"
今週末なら一番良いタイミングじゃないですかね?い~なぁ。

bebeさんのところでも書きましたが、林道歩きはチェーンスパイクみたいなのが歩きやすいです。
洞門岩降りるときにアイゼンに履き替えてください。
アイゼンは10~12本が良いと思います。
最後の雲竜瀑へ行くところはピッケルも欲しいくらいの感じでした。
まあ、雪や氷の状況にもよると思いますが。
徒渉もコース取りによるかもしれませんが、多分5、6回くらいしたような?
完全防水登山靴とスパッツで十分だと思います。

トレースは朝5時出発とかじゃなければ(土日なら)完全に大丈夫かと思われます。
楽しんできてくださーい(*´∀`*)

2015.02.03 20:37 | URL | #- [edit]
cyu2 says..."矢車草さん"
先端恐怖症でしたか!
私はツブツブ恐怖症です!雪の上に出来た無数の穴とかダメです(゚Д゚;)

不思議ですよねぇ?
厳冬期の西穂登れるのに、徒渉が苦手というのが。

アイゼンストックは行きはまだ大丈夫でしたが、帰りに長くしようと思ったら凍ってて伸ばせなくなってました。
アイゼンも金具のところが完全に固まってしまいました。
沢の中にじゃんじゃん入ってたからかなぁ?
雪のある石は良いのですが、沢の中の岩にアイゼンごと乗らなくてはいけないので、
ギーっていういや~な音がしそうな感じで徒渉していきます。
それで凍ったのではないかと。
いつも暑がりな私もさすがに寒かった!
2015.02.03 20:32 | URL | #- [edit]
cyu2 says..."はなねこさん"
はなねこさんの時も良いお天気でしたもんね~いいないいな。
でもさすが!はなねこさんはよくわかってらっしゃる!
負け惜しみになりそうで(笑)すが、雪が舞ってるの写真で解ります?
この半端ない寒さが本当に氷の神殿、の雰囲気を盛り立ててくれたのでそれはそれで良かったかも。

あ、やっぱり負け惜しみです・笑

確かに限られた期間だから混雑も仕方ないんでしょうね~
はなねこさんの時みたいに大きいのも見てみたいです。
今年はちょっとこじんまり?な感じでした(ほかの方のレポ見てですが)

2015.02.03 20:27 | URL | #- [edit]
cyu2 says..."bebeさん"
多分bebeさんたちならもっと早い時間にスタートできますよね?
だとすればそんなに渋滞にはまらないかもですよ?
でもスロさんのあっちも魅力的でしたね~今週末が一番見頃じゃないですかね?
さーどうします?笑

もしこっちに行かれるのでしたら、林道歩きはチェーンスパイクみたいなのが歩きやすいです。
洞門岩降りるときにアイゼンに履き替えてください。
私は全行程10本爪アイゼンでしたので、林道歩きが辛くていまだに腰とか変なところが痛いです(゚Д゚;)

それからトレースは絶対あるはずですが、洞門岩を沢に降りたら一旦広くなって左手の斜面を登る(トラロープがありました)
そこを越えて降りたらまた広くなる。
その先を徒渉した先の左手斜面を登る。
大きなこぶを二つ越える感じです。
そしたら混んでなければ2,30分で渓谷入口に着きますよん。

GOODLUCK♪
2015.02.03 20:21 | URL | #- [edit]
cyu2 says..."mikkoさん"
いやはや、危ないところでしたよ。
またこのまま一年過ぎるところでした。
思い出したら終わってた、というパターンで(゚Д゚;)
たまたま宝登山行ったときの氷柱の事があったからでして。
この思いつきに自分でも笑ってしまいました。

太陽が出ていればもう少し暖かかったのかもしれませんが、
天気予報が外れましたね~この日。
でも日光駅のある下界はそれほど寒くなかった気がしますよ?
寒い日だったらどんななんでしょうね?
2015.02.03 20:05 | URL | #- [edit]
cyu2 says..."MOMOパパさん"
うっひゃー!お子様連れでですか!それは恐れ入りました。
よくあの林道を我慢できましたね・・・お嬢様
滝尾神社からでもマシな方でしたか。
上には上がいるものですね・笑

あははは~そりゃあ女性陣には不評かもですね。
やっぱり寒さに対する感度が女子と男子では違いますもんね。
うちもダンナはそれほどでもなかったようですが、
私がもう歯がガチガチいうほどまでなりかけてましたから。

あんなに苦行のようだった林道も・・・
過ぎてしまえば「また行ってもいいかな・・・」と思えるのが不思議ですね(*´∀`*)

2015.02.03 20:02 | URL | #- [edit]
chiaki says..."来週の予定です。"
2/8の予定になっているので、ラッキー!!参考にさせて頂きます。
アイゼンは6本より12本の方が良いでしょうか?
渡渉は何回位あるのですか?
近年人気で混んでいるみたいですね。
人が入っていればトレースは期待できそうですね。
団体さんもツアーで入っているんですね。
2015.02.03 18:52 | URL | #- [edit]
矢車草 says..."先端と渡渉が。笑"
早起きして向かったのはこちらだったのですね!
この日て予報に反してお天気いまいちでしたねー。

私はここはいけないの。
はなねこさんが前に渡渉あるって教えてくれたし、
先端恐怖症だから、これを実際に見ても怖いばかりかと(笑)

でも、みなさんのブログで見るときれいだし、かっこいいなって思い、
それで満足しております。

それにしても、アイゼンが外れないくらい凍るっていう経験は
したことないですね。
やっぱり沢とか渡るからかしら?
ほんとに寒そうですねぇ。
2015.02.03 16:01 | URL | #MH738lGQ [edit]
はなねこ says..."迫力ありますね~"
もちろん青空がいいのは言うまでもないけれど(ごめんね ^^;)
こんな日も、というか、こんな日だからこその雰囲気と迫力
堪能させてもらいました。
やっぱり、あのアイスブルーは魅力的
もう一度行ってみたいです。
私たちが行ったときも、ツアーの車が5,6台いましたよ。
あれだけの氷瀑だし、見頃の期間が少ないので、混雑は仕方ないのかな。
2015.02.03 15:44 | URL | #ENp8KpDo [edit]
bebe says...""
日光雲竜渓谷氷瀑、いいな~♪
でも今年こそは、なんとしてもそこへ行こうかと思ってましたのに、
なんだか少しだけ足が遠退きそう~_~;
混んでるの、ボクも大の大の苦手です。苦笑

でもとても山行の参考になりました。ありがとうございます!
週末は久しぶりに何処かの山へ電車で行くつもりなので、
↑こちら。すっかり候補でございます。
いやしかしアレですね~。空が青いってのがあんなにも良いものだとは。
↓(・∀・)キュンキュン。笑
http://slowtrek.exblog.jp/20037092/
2015.02.03 12:38 | URL | #hWKYz8N2 [edit]
mikko says...""
行きましたね~雲竜瀑♪
cyu2さんがこの美しさを見逃すはずはない!
と思ってました。
やっぱりたどり着くまで大変そう!
そして半端ない寒さ…
皆さんのレポで楽しませて頂こう♪

なんとも言えない神秘的なブルー
巨大なつらら。。。
素晴らしいですね~
2015.02.03 08:56 | URL | #gZ7cPoAA [edit]
MOMOパパ says...""
雲竜瀑!

昨冬、家族連れで行きましたー。
大雪直後で前方のクルマがスタックしててゲートまで行けず、
滝尾神社のかなり手前にクルマを停めて歩き始めました。
cyu2さんが滝尾神社から歩き始められたのは、まだましかも...?(^^;

せっかくだからと、氷柱のそばでランチを食べたんですが、
巨大な冷凍庫の中にいるように寒く、
わが家の女性陣には大不評!

でもやっぱり氷瀑は圧巻ですね。
また行きたいな〜。
2015.02.03 00:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。