スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼岳 ふたつの顔

2014.9.6(土) 焼岳へ

今年の夏は週末の度に雨の予報で、行きたいところに行けないジレンマ。
でも「雨予報だから近場で」なんて諦めたような事ばかりしてたら、ますます気分が悪化してきた。
雨だってなんだって「登ってよかった」と自分が思える場所に行かなきゃだめだ!
三週間連続で夜行バス予約キャンセルしていたけど、ようやくチャンスが巡ってきた。

新宿駅22:30発のさわやか信州号は4台も出る大賑わい。
そりゃそーだ、もう5週も連続で雨だったんだもの。晴れ予報なら行きたいよね。

8~9月にかけて仕事が一番忙しくなる私は、連日の仕事疲れが取れなかったけど、気持ちが行きたい。
年甲斐もなく”夜行日帰り”計画したけど、大丈夫なのかと不安ではあるが、ダメならどこかで泊まればよい。
上高地ってなぜか安心なのよね。


yake-1.jpg yake-2.jpg
明朝5時過ぎに”中の湯バス停”下車。バスを降りるとさむい!さすが9月。

バス停で簡単に支度する。
車を持たない私たちは、まず車道歩き1時間をこなさなければ登山口に行けない。
まだ薄暗い車道をくねくねと歩き、”中の湯温泉”まで約40分。
トイレは中の湯バス停の警備員用をお借りするか、この宿でお借りするしかない。
宿の方にはちょっと嫌な顔されたが、昨年泊まっているから許して、的な気持ちでお願いする。
募金箱に利用料を入れてお水も買って、宿の脇の登山道からスタートです。


yake-3.jpg yake-4.jpg
一旦車道に出て、駐車場脇の登山道から登り始める。朝日が木々の間から届く山歩きはどのくらいぶりだろう?
この感じ、蝶ヶ岳への長塀尾根にちょっと似てる?


yake-5.jpg
ほとんど眠れてなかったので眠い眠い、ぼーっとしながら登っていくと目の前が明るくなった。

おおっ!あれが焼岳?


yake-8.jpg
なんてきれいな!
青空にごつごつした白い山肌が目の前に現れ、テンションアップ!


yake-7.jpg
と気分だけはノリノリですが、眠くて足が上がらない。
後ろに見えるのは乗鞍かなぁ


yake-6.jpg
見あげれば真っ青な空に秋の雲

今年の夏はこんな青空見れなかったなぁ
最盛期はお花畑だったんだろうなぁ
ううん、お花がなくてもとてもきれい




yake-9.jpg
かの有名などこかのカールにも似ているようで、想像していた焼岳のイメージと違ってた。
優美な山だなぁ、と思った。

と感動しながらも、見えてからが遠い法則はどこでもいっしょで・・・


yake-10.jpg
やっと稜線が見えてきた。


yake-11.jpg
分岐に立ち、左手に見えていたのは南峰だと解った。今は登れないらしい。


yake-12.jpg
火山ガスがシューシューと音を立てている。
匂いも強烈だから「急いで通り過ぎないと死んじゃうよ」と脅される。
ンなバカな、と言いながらも気持ちが焦る。


yake-13.jpg
最後の岩岩を登りきると・・・



yake-14.jpg
焼岳北嶺到着。


yake-16.jpg
ふわぁ・・・なんて凄い眺め!
笠ヶ岳から双六岳、鷲羽岳  あの一番奥の黒いのは水晶岳かな?



yake-15.jpg
眼下に梓川
尾根伝いの赤い屋根は西穂山荘
正面岳沢の赤い屋根は岳沢小屋
その上に前穂高~奥穂高の吊尾根、奥には槍ヶ岳
地図を見なくてもわかるようになったね。


あまりの素晴らしい眺めにずいぶんゆっくりしてしまいました。

やっぱり日本アルプスはいい!無理矢理でも来てよかった!晴れの日を待ってよかった!


yake-17.jpg

いつまでもきりがないので山頂を後にします。
下山は上高地方面へ。


yake-18.jpg
なかなかの急斜面。
相変わらず下りは苦手、ゆっくり転がらないように降りて行きます。


yake-19.jpg
振り返り仰ぎ見る焼岳は、まさに火山、といった荒々しい姿。
新中の湯ルートから見るのとは全く印象が違う。


yake-20.jpg
やっぱり歩いてみないとわからない事ってたくさんあるなぁ
焼岳の違う表情、見れてよかった。


yake-22.jpg yake-21.jpg
展望台から先は緩やかで気持ちの良い道。
焼岳小屋で飲み物とバッチを買って、昼食を取り下山。


yake-23.jpg

崩れた斜面を見ながらジグザグに降りて行くけど、日当たりがよく風が通らないから暑かった。


yake-24.jpg
おー、ここがウワサの梯子
確かにアルミのカタカタ感がちょっと怖いね。
だれがここを登山道に決めたのかな?ほぼ垂直じゃないの(笑)
踏み外さないように慎重に・・・


yake-25.jpg
いくつかの梯子を終えると、梓川が見えているのになかなか着かないダラダラ長いルート。
この状況に眠さもMAXだけど、事故は下りでおきるのだからね、気を引き締めてね。


yake-26.jpg

大正池の脇の林道に降りた途端、観光客の波にのまれる。ううっ 息苦しい
外来入浴の時間に7分オーバーで入れなかったので、ターミナルのシャワーで汗を流して長い一日を終えた。

やっぱり上高地にくると穂高が見えるか?確認したくなるから河童橋まで行ってしまう。
ああ、見えてるね。 これを見るとまた来れたよ、と思えて幸せになるね。

帰り道
あれ?焼岳の写真撮った? いや、撮ってないよ  わたしも。
いつも振り返って焼岳の写真も撮っているのに、今日に限って二人とも撮らなかったことにあとで気づく。


登ってきた山が見えているのに写真を撮ってこない、相変わらずのマヌケっぷり
眠かったからね、うん、きっとそうだ。





■行程■
新宿駅22:30→中の湯バス停5:15→中の湯温泉6:35(休憩・朝食)→駐車場脇登山口6:35→出合8:00→南峰分岐9:25→焼岳北峰山頂9:40~10:15→焼岳小屋11:30~11:50→焼岳登山口(大正池)13:35→河童橋14:10 アルピコバス松本行15:15→松本駅17:13/18:35→新宿21:06







スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。