スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北八ヶ岳で雪遊び

「今年は早くから降ってるから 雪多いみたいだね」
「今年はモンスターが大きいんだってさ」

このところそんなハナシや美しい画像をしょっちゅう目にする
そっかぁ 行きたいなぁ 八ツでいいからモンスターに会いたいなぁ・・・

「でも八ヶ岳って電車派には日帰り厳しいんだよね、交通費も結構かかるしねぇ」
「この間似たようなエリア行ったばかりだから我慢すれば?」
「でも 毎週末晴れとは限らないし いつまでモンスター見れるか解らないし」
「去年みたいにドカ雪降っちゃったら遊びに行くどころじゃないし」

・・・・・・・ん?

「あれ?よく考えたら北横岳って無雪期しか行ったことなかったよね?」
「そうだった まだ見たことのない風景があるってことは行ってもいいよね!」


びゅーーーーーん


20150124-1.jpg
2015.1.24(土) 自問自答の末、我慢できずピラタスへ行ってしまいました♪



20150124-11.jpg
とは言っても 朝家を出て乗れるバスは ロープウエイ駅11:28到着便のみ
最終のバスに間に合うだろうけど 遅いスタートってなんだか気分が悪いから
朝一番のバスに乗るために 金曜日に甲府駅のビジネスホテルに泊まって茅野駅へ

幸い前日の強風も収まり 無風で暖かく穏やかな朝となりました
久しぶりに北横岳ロープウエイに乗り坪庭へ


20150124-6.jpg
お目当てのモンスターは暖かさのせいか少し解けて小さくなってしまったみたい
そう思うと やっぱりタイミングって大事ね
行ける時と旬な時期が一致するって 運なんじゃないかな



20150124-9.jpg
ロープウエイ駅を気持ちよく出発し 坪庭から緩く森の中へと入っていくと・・・
ムーミンに出会ったぁ(*´∀`*) 



20150124-10.jpg
天気の良い週末 手軽に雪山ハイクが楽しめる北八ツなのでツアー団体も多く
北横岳ヒュッテ前は大賑わい すれ違い渋滞もあったりって時間通りには進めない

そういえば私の山小屋初体験はこの「北横岳ヒュッテ」だった 懐かしいな
小屋の脇からぐいぐい登って山頂へ


20150124-4.jpg
稜線に出た途端 強い風でさっきまで汗かいていた身体が一気に冷える



20150124-15.jpg
でも我慢できないほどの強風ではない せっかくの快晴だもの 北峰まで行きましょう



20150124-3.jpg
山頂は大勢の人で賑わって山頂標識写真も順番待ち
みんなこの天気に笑顔がこぼれる
中央アルプス~北アルプスまでよーく見えて 風の冷たさも忘れ見入ってしまう



20150124-5.jpg
赤岳あたりも今日は無風で登るには良い天気みたいでした




20150124-13.jpg
しばし山頂での眺望を楽しみ ヒュッテ横で昼食をとり坪庭へと戻ります




20150124-8.jpg
くだりで見下ろす坪庭 歩いている人がミニチュアみたいでかわいかった

もう少しあちこち歩けるかと思ったけど 案外残り時間がなくなって・・・
まあ たまにはいいね ロープウエイの時間までまったり過ごしましょう


20150124-14.jpg
縞枯山・五辻方面の雪は深くて ホイップクリームも食べ放題(*^。^*)



20150124-12.jpg
日差したっぷりの雪山は本当に気持ちが良い もっふもふの雪に転げたり
久しぶりに山でゆっくりお茶したり ツボ足でバコッと沈み
足の付け根まで潜って脱出するのに大変だったり

天気の良い日の雪山遊びは楽しい以外何もない 何も考えない 楽しい時間


20150124-7.jpg
メルヘン北八ヶ岳SNOWハイキング
雪の季節が終わってしまわないうちに また来れたらいいな
このところのストレスフルな日々が スキッとクリアに洗われた一日
無理矢理でも来てよかった





■行程■
甲府駅6:46→茅野駅7:46 バス7:55→ロープウエイ山麓駅8:50
ロープウエイ山頂駅14:30→バス15:05→茅野駅16:00 茅野駅16:20→あずさ→新宿18:34

甲府サンパークホテル内藤@¥3,000
北八ヶ岳ロープウエイバス往復¥2,200 ロープウエイ往復(ネット割引券利用)¥1,700



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




スポンサーサイト

長瀞アルプスひとり旅

20150117-5.jpg
2015.1.17(土) 秩父の長瀞へ

今週もダンナ様は休日出勤 ならば一人で
夕飯の支度までに帰ってこれる行ったことのないお山・・・あ そうだ☆
何度かこの時期行ってみたいと思いつつ 行けてなかった宝登山(ほとさん)に行ってみよう



20150117-1.jpg
池袋から西武線に揺られ ボックス席でまったり
車窓から青空眺めながらうとうとする
9年前に一度だけ来たことのある レトロな駅舎の長瀞駅で下車します

駅前から神社に向かって歩き出し 参拝していると え???
さっきまであんなに青空だったのに 急に雨が降り出した
すぐに止むかと思いきや 案外しつこくて一瞬 帰ろうかな・・・と思う
でもここからはほぼ車道歩きのようなので 傘をさしながら登って行った


20150117-3.jpg
車道をところどころショートカットしながら登って行く
案外雪が残ってて 圧雪されて歩きにくいところもあった
そのうち雨はやんだけど 雪がはらはらと舞うように・・・まったくもう なんて天気

1時間ほど汗かいて登ると 宝登山奥宮に着いた こんな天気でも案外人がいるもんだ
と思ったら その先がロープウエイの乗り場だった


20150117-6.jpg
目の前に武甲山が見えている どんより雪雲 いかにも寒~い眺め



20150117-9.jpg
これは 和蝋梅 であってるかな?



20150117-4.jpg
一度は来てみたかった初めての宝登山蝋梅園
かじかむ手で どんより空でも仕方ないやとシャッターを切っていると
嬉しいことに青空が覗き始めた
やっぱり蝋梅は青空じゃないと映えないよね ヨカッタヨカッタ♪


20150117-2.jpg
30分ほど甘い香りを楽しんだ後は 初めてのアルプスヘGO~
アルプスですから!と気合を入れてみたけれど アップダウンは少なく眺望もない
グレーと茶色の世界・・・目に付くのはねじねじクネクネの木ばかり・笑 

青空は消え 日差しもなく時々舞う雪 冷たく強い風で寒くてじっとしてはいられない
もくもくと歩き ささっとおにぎり&アマノのお味噌汁でお腹を満たし
あっという間に下山  ひとりだとやっぱり足早になってしまうのかも




20150117-7.jpg
野上駅発車時刻の5分前に到着しラッキー ガラガラの電車で西武秩父駅へ戻る
西武秩父駅でも乗り換えが8分しかなかったのだけど 買い物もしたい
次の電車まで45分も待ってたら 際限なく買い物しそうだし・・・
よし!これに乗ろう! 大急ぎで土産物店に入って買い物済ませ電車に飛び乗った


20150117-8.jpg
秩父へ来たら”しゃくし菜” 
他にも欲しいモノがいっぱいあったんだけど まぁいっか
とりあえず欲しかったものを買えて満足し 短い一人旅を終え帰路に着きました





■行程■

西武池袋駅7:05→飯能7:50/7:52→直通・長瀞駅9:19
野上駅13:05→お花畑13:30西武秩父13:38→飯能→池袋駅15:32

秩父フリーきっぷ利用¥2,320

宝登山ロープウエイ


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




早春の千葉・鋸山へ

一日目はこちら

翌日

せっかく千葉まで来たのですから かの有名な”鋸山”にも登りましょう~


20150112-1_201501141520183ff.jpg
昨夜のお酒が若干残る朝ですが 今日もいい天気
安房小湊駅を出発し 内房線に乗って浜金谷駅まで行きます



20150112-5.jpg
浜金谷駅に着いたらすぐ目の前に 切り立った岩が目立つ”鋸山”がありました
駅前は港町で 湾の向こうに富士山が見えるというロケーション 
普段 海越しに富士山を見ることは少ないのでこれだけで感動しちゃいます

駅から登っても1時間ちょっとで行けそうですが 昨日の登山靴車道歩きで
足裏を負傷したのでロープウエイ利用です( ̄▽ ̄)
ぐんぐんとあっという間に高度を上げ 着いたところからの眺めのなんて素晴らしいこと


20150112-2.jpg
大島から天城山 城ケ島 横須賀 横浜 いつも住んでいる向こう側がぜーんぶ見えてる
富士山の脇には真っ白な南アルプスも見えています
ここは天気の良い日は360度の大パノラマで眺め最高なんですね
これは一見の価値ありな風景ですね



20150112-7.jpg
ロープウエイ駅から徒歩3分で”鋸山329.4m”山頂到着
(正式な名称は乾坤山(けんこんざん)と言うそうな)
ここに来たからにはやっぱり”地獄のぞき”はやらないと と日本寺(にほんじ)へ



20150112-3.jpg
百尺観音から見上げた感じではそんな高度感なさそうだけど・・・どうかな?



20150112-8.jpg
階段を上って地獄のぞきへ ここから見ると誰かの横顔みたい
遮るものがないので風が強くて寒~い!おそるおそる先端まで行ってみる
下を覗いてみるとそんな怖くもなく 面白かった♪



20150112-4.jpg
戻ってまわりを見渡すと 真っ青な空と海が眩しいほどに美しく
太陽がキラキラ反射するその向こうに 昨日登った愛宕山がひときわ高く見えた
海抜500m以上の山地がない 日本で唯一の都道府県・千葉県
周囲の山々は 太陽の光を燦々と受け こじんまりと穏やかで優しい山並をつくっていた
やっぱりどんなお山も 登ってみないとわからないものですね



20150112-5_20150114132221e5e.jpg 20150112-6.jpg
帰りはthe Fiseに寄りお買いもの
電車の時間が迫っているので駅前でランチをし(海鮮とろろ黒ラーメン)電車に乗って木更津へ
木更津からは初体験の東京湾アクアラインを走るバスで 品川駅まで戻りました


今回は雪遊びをチョイスしなかったからか?このメンバーにしては珍しく天気にも恵まれ
楽しい二日間の千葉の旅となったのでした

めでたしめでたし(*^ω^人^ω^*)






■行程■

安房小湊駅10:09→安房鴨川駅10:19/10:22→(内房線)→館山駅11:03/11:05→浜金谷駅11:37
鋸山ロープウエイ(往復¥930) 日本寺拝観料¥600
浜金谷駅14:31→木更津駅15:12 木更津駅15:30(日東交通バス)→品川駅16:30


☆鋸山から愛宕山が見えたと思っていた山は富山らしいことにUPしてから気づきました(゚Д゚;)ゴメンチャイ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





早春の千葉・最高峰愛宕山へ

20150111-0.jpg
2015.1.11(日)~12(祝) 千葉の山へ行ってきました

今年で5回目となる恒例の友人のバースディ旅行 今年はどこにしようか? 
いつも”冬だから雪遊び”を目指すとこのメンバー 不思議とアクシデントが起きる
過去色々な危機もあったので(2014年 2013年 2012年 2011年 番外編
雪のないところへ行けばいいのでは と少しオトナになって考えた・・・

あーでもない こーでもないと ふと浮かんだ 友人が”都道府県最高峰”を目指していたこと
千葉県の最高峰は低山だが自衛隊の敷地内にあるため アポなしでは行かれない
いつでも入れる訳ではないので そういう意味では難易度が高い
はたして本数の少ない電車バスを乗り継いでたどり着けるのか?
プランを何度か練り直し事前準備を怠ることなく迎えた2015年1月11日
確実に成功するイメージで出かけた四人でありました・・・


東京駅から各駅停車に揺られ”安房鴨川駅”へ
今回の旅はここから始まります


20150111-16.jpg
のんびり海を見ながら各駅停車に揺られ 安房鴨川駅から一日に数本しかないバスに乗り換える
”みんなみの里”という道の駅で下車 そこから徒歩で約1時間ちょっとだと確認していたの

ですが!
 
みんなみの里からの印刷しておいた地図を忘れ 時間もないので地元の人に道を聞き
鵜呑みにしたのが間違いだった
言われた通り歩き出したのが逆方向Σ( ̄ロ ̄lll) 途中で気づき戻ったものの 20分のロス
この20分のロスが事態を悪化させた
愛宕山見学指定時刻は12:10~13:00(12:45までに入る事)
この時間内に基地にたどり着けなければ登頂は出来ないのだ

一応道に迷ったと電話はいれたけど 規定時刻過ぎて待っていてくれるとは思えない
片道約7km 車道を猛スピードで歩き出す四人
だけど低山とはいえ道は登りで案外キツイ・苦しい 登山靴では走れない
ここまで来てまさかの敗退?が頭をよぎる
ヒッチハイクも頭をよぎる
が 車は走っているけどだ~れも止まってくれる気配なし 行くしかない
こんなスピードで車道を歩いたことない!というほど必死に歩き汗だくで12:38にゲート到着
あっぶなーーーーっ!! みんなごめーーーーん!!



20150111-14.jpg
ゲートでインターホンすると カモフラ車で門を開けに来てくれました
さあ いよいよ中へ!



20150111-12.jpg
門前で事前申請書と持参した身分証明書で本人確認して ようやく中へ入れてもらえます
当たり前ですが厳しいです
でもその後は 担当の若くて優しい自衛官I橋サンが案内してくださいます
ゲートから徒歩7,8分登って やりました!12:57 千葉県最高峰愛宕山登頂です!
記念写真も撮って頂いちゃいましたよ (基地内なので写真撮影には制限あり)


20150111-1.jpg
三角点を踏んだ後 富士山が見える場所があるんですよ と連れてきてくれた広い丘の上
千葉県最高峰ですから眺めが良い!
マザー牧場あたりから東京湾までよく見える いいお天気でよかった~
遮る高いモノがない のびのび気持ちの良い景色が広がっていました


20150111-15.jpg
最後は登頂証明書授与式
見学を終えて戻ると何も言わないのに用意してくださってました いたれりつくせり



20150111-2.jpg
千葉県最高峰 愛宕山408.2m 登頂できました!
想定外(?)の苦労をして 本気で登ってきましたから かなり嬉しいです・笑
車なら10分で終わりますけどね



20150111-13.jpg
見学終了後 ゲートでシェパードにウヮンウヮン吠えられてさようなら
お世話になりました(*- -)(*_ _)ペコリ
あんなに汗かいて登った坂道なのに 帰りは早い
眼下に歩いてきた のどかな町が見えました



20150111-9.jpg
結局時間が押せ押せになったため 帰りのバスには間に合わず 次のバスは日没後
なのでタクシーで安房鴨川駅まで戻り 安房小湊駅まで電車に乗って宿へ
海を間近で見るのは久しぶりで なんだかウキウキ



20150111-7.jpg
青い海 白いデッキ 80年代にタイムスリップしてW浅野ごっこ 
アクアマリンのままでいて~♪ の歌が止まらない(わかる人はそこそこ昭和人)



20150111-8.jpg
新年早々やっぱり珍道中になってしまったちゅーりずむ
おっかしいなぁ? 完璧だと思ったんだけど・・・
絶対に忘れることのできない山がまた一つ増えました( ̄▽ ̄)

翌日へ





■行程■

東京駅7:18→千葉駅7:56/8:18→外房線・安房鴨川駅10:19  鴨川日東バス10:40→みんなみの里11:00
みんなみの里11:07→(ロス20分)徒歩4km→峯岡山分屯基地分岐12:10→徒歩3km→基地ゲート12:38
峯岡山分屯基地13:20→みんなみの里14:50→タクシー(¥3800)→安房鴨川駅15:53→安房小湊駅16:04→宿


愛宕山見学についてはこちらから


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


歩き始めは美ヶ原

20150104-1.jpg
2015年 歩き始めは美ヶ原高原でスノーシューでした


2015.1.2(金)~1.3(土)
歩き始めの山はどこにしようか?と考えていた年末
やっぱり雪景色が見たいけどまったりもしたい と浮かんだのが美ヶ原
そういえばまだ行ったことがなかったので 良いチャンスと出かけてきました


20150104-2.jpg
車を持たない私達でも送迎してくれるとのことで山本小屋に一泊します
この日 午前中はとても良い天気だったのですが お迎えの車が脱輪のアクシデントの為
だいぶ遅れて宿に到着 慣れている人でも難しい道らしいので 車の方は要注意ですね



20150104-3.jpg
午後は雪の予報だったので 到着後 急いで着替えてフィールドへ
おお!これが写真でよく見ていた”美しの塔”ですか!すごーい!そしてひろーーい!



20150104-5.jpg
喜びもつかの間 予報通り天気はどんどん悪化してきて 寒いわ風が強いわ
バラクラバしてこなかったので出ているところの顔が痛く・・・寒すぎて無口になります


20150104-24.jpg
とにかく山頂を踏むことだけを目標に黙々と進み  王ヶ頭山頂に着きました
写真を撮ってはい撤収! 滞在時間3分


20150104-6.jpg
帰り道 王ヶ頭ホテルから 3台の雪上車が行ったり来たり
そんなに宿泊客が多いのかと思いきや 美しの塔までの観光らしく
写真を撮ってすぐに戻ってきているらしい
まあ お正月ですからね 人それぞれ色んな楽しみ方があるものです・・・

たった2時間程度で寒さでガチガチになり 宿に戻って温泉にジャブーン
冷え切った身体に温泉が沁みますが 身体が冷えすぎてなかなか温まりません

標高2000mでの生活って 冬は特にものすごく大変だな と感じました
とにかく寒い 宿の中にいてもストーブがついてない場所の寒さと言ったら(゚Д゚;)
テント以外でこんなに寒いのは初めての体験でした


20150104-7.jpg 20150104-8.jpg
(左:夕食の一部 この他に焼き魚・刺身・酢の物・お蕎麦・デザートは信州リンゴ♪ 右:朝食)
夕飯はすき焼きで温まり就寝 ZZZ・・・


△翌朝△


20150104-25.jpg
夜中は吹雪 明け方5時頃は星もきれいでしたが 風が強く寒くて見ていられません
ご来光も曇って拝めなかったので 今日の天気もダメかな とあまり期待もせずにいましたが
だんだん青空が見えてきました 今日は茶臼山の方まで行ってみることにします



20150104-9.jpg
あっちは晴れてる・・・背後に見える牛伏山も気になるんだけどな~


20150104-12.jpg
王ヶ頭方面 昨日同様 また黒い雲が気になるんだけどな~


20150104-26.jpg
と思っていたら 時間がたつにつれ晴れてきましたよ?
やった~!目指せ茶臼山


20150104-11.jpg
近いはずなのですが誰も歩いていないので 雪が深くて足を取られ なかなか進めません


20150104-10.jpg
このペースでは送迎の時間までに戻るのは無理っぽい
行けるところまで行ってみましょう


20150104-13.jpg
手前の岩に乗り ここを今日のピークとします


20150104-18.jpg
ここでも十分素晴らしい眺めです
正面雲の中に八ヶ岳 奥に富士山 手前は霧ヶ峰


20150104-14.jpg
樹氷の向こうに浅間山


20150104-15.jpg
北アルプスも雲が取れ始めました ヤッホー!
晴れてくれてありがとう やっぱりここまで来て展望がないのは寂しいもの


20150104-16.jpg
見渡す限り 青い空と白い雪 ものすごく気持ちがいい!
・・・のですが こう見えてすっごく風が強いんです
遮るものも隠れるところもない高原ですから
とても寒くてゆっくり腰を下ろしたりなんてムリ~でした



20150104-19.jpg
岩の上でしばし展望を楽しんだあとは また来た道を戻ります
王ヶ頭ホテル 電波塔が要塞みたい


20150104-20.jpg
美ヶ原牧場では山本小屋を拠点としてXCスキーやスノーモービル スノーカイト等
お子様連れで遊んでいる方も多く ここは自由な雪遊びが出来るフィールドなんですね



20150104-21.jpg
雪山はじめ?とは言えないようなまったりの二日間でしたが
年始から気持ちの良い雪遊びが出来て 気分スッキリ♪





20150104-22.jpg
また下諏訪駅まで送っていただき 時間があったので寄り道します
諏訪あたりは何度も来て(通過)いるのに 行ったことがなかった”諏訪大社”
駅から徒歩10分の春宮だけでしたが ちゃっかり二度目の初詣もして


20150104-23.jpg
お正月休みで残念ながら買えなかった”新鶴本店”のポストにオーダーシートを入れ
塩羊羹の届くのを楽しみに 美ヶ原高原の旅を終えました





■行程■
1日目:JR新宿→八王子6:35→JR下諏訪9:36 送迎(定刻は10:30)11:00→山本小屋12:10
山本小屋13:20→王ヶ頭山頂14:15→山本小屋15:10
2日目:山本小屋9:00→茶臼山手前10:00→山本小屋11:20(入浴・昼食) 送迎13:30→14:45 
JR下諏訪15:44(臨時特急はまかいじ)→八王子17:54→JR新宿

山本小屋 1泊2食¥10,800 送迎有料道路代金@¥500 スノーシューレンタル@¥2000



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ













冬の丹沢主稜縦走

20150101-1.jpg
2015年 あけましておめでとうございます
ブログを始めて 気が付けば今年でなんと10年目!
相変わらずの拙いブログですが 今年もどうぞよろしくお願いいたします

2014年の締めくくり山は 長年の懸案だった”丹沢主稜縦走”でした

2014.12.30(火)~31(水)
本当は大晦日は家で過ごしたかったのですが、29日が雨の為日程をずらしギリギリの計画
押し迫ったこの時期に歩く人は少ないんだろうなぁ と思いましたがそうでもなかった・笑


20150101-23.jpg
初日は大倉から蛭ヶ岳までの予定ですが 縦走は2か月ぶりくらいで日没までにたどり着けるのか?
不安だったため 二俣から堀山の家に登るルートで時間短縮を試みました
タクシー(¥2500)で二俣ゲートまで 堀山の家への道は積雪がないので
初めて歩きましたが迷うことはありませんでしたけど なかなか息があがる登りでした



20150101-2.jpg
ただ 大倉からのだらだら登りを考えると気持ち的に早いかな?
あっという間に花立に着いちゃった感じでした


20150101-3.jpg
花立から上はいつもの気持ちの良い道  塔ノ岳が見えています


20150101-22.jpg
塔ノ岳に着いて昼食とします 30人くらいは居たようです
風がなくて助かりましたが 富士山は隠れ気味


20150101-24.jpg
さあ丹沢山まで進みましょう ここからは気持ちの良い稜線歩き 


20150101-4.jpg
時折真っ白になったりしていたので雪でも降るかと思いましたが


20150101-5.jpg
天気は持ち直してくれました  丹沢山頂の積雪は1センチくらい
最近ではみやま山荘はいつも混雑していて この日の宿泊客は80名くらいだったらしいです


20150101-6.jpg
塔ノ岳~丹沢山間も気持ちの良い尾根歩きですが
丹沢山~蛭ヶ岳の間は さらにダイナミックさが加わるので
やっぱりここが丹沢の中で一番好きな尾根だな って思います


20150101-7.jpg
いつまでも歩いていたくなるような 気持ちの良い稜線♪
日差しがあるので暑いくらい 凍っていたはずの道はどろんどろんで歩きにくくなってました


20150101-8.jpg
14:55 ようやく”蛭ヶ岳山荘”到着
こちらは40人程度 広い山荘なので布団は一人一枚で まだまだ空きがありました


20150101-10.jpg
自炊部屋が混むかもという事なので早めに食べ始め 16時過ぎに外に出ると
昼間は隠れていた富士山が姿を見せているではないですか!
今日の陽が裾野へ吸い込まれていく 美しい瞬間を見ることが出来ました


20150101-9.jpg
星は多くはなかったですが 冬の澄んだ空気に夜景がキラキラ
夜中には強い風が吹き荒れていて 明日は大丈夫かしらと不安でしたが・・・



20150101-11.jpg
幸い朝には止んでくれて ご来光を拝んでから出発しました


20150101-12.jpg
ここからは初めて歩くルート 凍っているので軽アイゼンで慎重に行きます



20150101-13.jpg
一旦急下降 転んだらシャレにならない激下り(゚Д゚;)
風が吹き抜けるのでさむーーい! でも急げないー! 富士山きれいー!


20150101-14.jpg
ガレ場鎖場等を越えると 一旦緩やかになりほっと一安心
朝日があたって暖かくなりました


20150101-15.jpg
ウワサのアップダウンを3回ほど繰り返すと  檜洞丸への今日最後の登り


20150101-16.jpg
苦しいけど 冷たい空気と真っ青な空 ああ、良い天気で歩けて良かったなぁ と思う
この気持ち良さが 疲れを忘れさせてくれるんでしょうね


20150101-17.jpg
青ヶ岳山荘が見えてきて嬉しい~ 山荘のおかあさんとおしゃべりして一休み
こちらは5名の宿泊だったそうです


20150101-18.jpg
縦走最後のピーク 檜洞丸到着
初夏にしか来たことがなかったので こんなに静かな山頂は初めて


20150101-19.jpg
シロヤシオもこの凍てつく寒さの中 もう蕾を付けて準備していました
今年もきれいに咲いてくれますように 寒いけど頑張って!


20150101-20.jpg
緑の西丹沢しか見たことなかったから 知らなかった
葉が落ちて見通しがよくなると こんなふうにブナの木が際立つ 美しい森だったんですね



20150101-21.jpg
見たかった霧氷に会うことは出来なかったけど
二日間天気に恵まれ 夕日の富士と 朝の富士も見ることが出来て
1年の終わりに 山を歩ける喜びをしみじみと感じた二日間でした


そして絶賛筋肉痛で迎えた新年
まだまだ知らないこともくさんある 歩きたい山もたくさんある
今年も元気に歩けるように 日々精進しよう と毎年誓う年明けでありました(^_^;)





■行程■

1日目:二俣ゲート7:30→登山口8:00→堀山の家9:10→塔ノ岳10:55~11:25→丹沢山12:50→蛭ヶ岳14:55
2日目:蛭ヶ岳6:55→臼ヶ岳8:15→神ノ川乗越8:40→檜洞丸10:20→ツツジ新道→ゴーラ沢出合13:00→西丹沢自然教室13:45



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ








該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。