スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しておりました

20150818.jpg
(岩手県・久慈駅前 取壊されずに残った駅前デパート)

7月18日以来山にも行ってないので、更新できないまま8月も中旬を過ぎてしまいました
今年のお盆は早いもので義母の三回忌、岩手でひととき涼んで帰ってきました



- - - - - - - - - - -

同居の実母が認知症になってから、かれこれ7年経ちました
今までは緩やかな進行で、ほとんどの事は自分で出来る状態でありましたが、
今年の5月頃から時々歩けなくなる症状が現れ、この夏は一気に慌ただしくなってしまいました

北岳から帰った後から事情が変わり、
猛暑の都内をケアマネとの打ち合わせや介護用品車椅子の手配、
ショートステイ等様々な契約などで汗だくになって走り回り、
休みの度に病院へ連れて行ったり、平日は会社から帰れば家事と母のお世話、
それにまつわる様々な問題もつぎつぎ起きて、
精神的にも肉体的にもグッタリな日々が続き、パソコンを開く気力も起きませんでした


気分転換したい・・
大好きな山に行きたい・・・
夏山シーズン真っ盛りな山に行きたい・・・


そんな状況なので予定していた夏山の予定もすべて白紙に
涼しいところに涼みに行きたくても、高尾山はおろか家を空けることもままならず、
母の笑顔が見たい一心で頑張ってはいても、すんなりいかないのがこの病気な訳で、
日々起こる様々な出来事で自分の気持も不安定になり
今までやれていた仕事・家事・介護・山・BLOGのバランスを保つことが出来なくなりました


それでもどうにか帰省の途中でひと山登る時間を得ることが出来、よく解りました
今まで自分の思いだけで行動出来ていたことが、どれほど自由でありがたい事だったのか
山に向かうということが、どれほど自分に元気を与えてくれたものなのか



このところ少し涼しくなったおかげか、母の体調も少し落ち着き、
ひと山登れたことでわさわさとしていた自分の気持ちも落ち着き、
やっと更新できなかった理由を書く気になれました

今後は状況によって出かけられたり出かけられなかったりするのだと思います
山も旅行も行きたいけれど、今度、自由に行ける時が来るのは・・・
色んなことを考えさせられた一ヶ月でした

ブログの更新も時々になるかと思いますが、
思い出したころに覗いてみて頂けたら嬉しいです




近いうちに先日登った、散々だったおやまのレポが書けたらいいなぁ(´゚艸゚)∴ブッ







スポンサーサイト

浅草の天然温泉

5月に群馬県の鳴神山へ行った日のおはなしです

我が家が山に行く時は電車移動&温泉好きという理由もあり 山と同時に温泉も探します
日帰りでもよっぽど不便な場所でない限り ほとんど汗を流してから帰ります

ですが残念ながら鳴神山の登山口となる”桐生駅(新桐生駅)”には
探したけど移動ルート上に日帰り入浴出来るところがありませんでした

それなら電車の起点となる”浅草駅”で銭湯でも見つけて その後浅草で遊んじゃう?
なんて計画が行きの電車の中で浮かび 帰りの電車の中でスマホ検索
駅から近い銭湯を探して行ってみました


20150527-1.jpg
地図を頼りにいかにも”浅草!”という風情漂う路地を行くと、
ありましたありました【蛇骨湯】
あれ?なんだか予想よりもずいぶん清潔感のある銭湯だこと?
入ってみると今時珍しい 壁面に富士山( ̄▽ ̄)ワーイ
そして銭湯だと思ったら 東京の温泉によくある褐色のお湯・・・天然温泉だったのです!

こんな繁華街のど真ん中に こんな素敵な銭湯がまだあったなんて♪
しかも 客層が若い(笑)
東京マラソンのルートだけあって ランナーの皆さんやら これからお出かけの美しいお姉さんやら
近所の女子中学生やら 小学生とお父さんやらで活気がある
なんとも下町らしい懐かしい雰囲気にタイムスリップ
歴史ある銭湯で身も心もすっかり良い気分になり・・・



20150527-2.jpg
三社祭1週間前だったおかげで結構空いていた浅草の街を
あっちふらふら~こっちふらふら~
浅草で何食べる?と言えば「鰻!」な気分で 美味しい酒と料理に舌鼓♪
(会社関係の知り合いに会ってしまって焦ったけど)

年に一度くらいしか行く機会のない浅草ですが 色々新鮮で楽しかった~
またこようっと(o^^o)

☆写真は全てスマホにて撮影



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





嬉しいこと 悲しいこと

天気の良い日曜日 友達と待ち合わせてとある場所へ

20141221.jpg
クリスマス前の恵比寿ガーデンプレイスは 家族連れやカップルで賑やかだった

恵比寿駅で待ち合わせた私たち三人は 昔アパレルで働いていた仲間
彼女たちと過ごしたのは2~3年だったけど とても中身の濃い日々だった
私にとっては学校を卒業して初めての職場だったから すごく影響を受けたし
会社は違えど同じ職場(デパート)の同じ売り場で働いていて
喜んだり悲しんだり怒られたり悔しがったり
プライベートでも仲良くて 泊りに行ったり 遊びに行ったり
時には羽目を外して遊んだ仲間たち


20代だったから その後結婚したり引っ越したり会社を変わったりと
それぞれの人生を進んでいけば 年賀状や冠婚葬祭のやり取りはしていても
実際みんなで会おう となると結構難しいもの
それが今回 急に二十数年ぶりに会うことになった
再会の訳は その時代の友人が脳梗塞で入院している先への お見舞いの為だった


先に一度見舞っていたひとりから「覚悟しておいてね」と言われたから緊張していたけど
ご主人から経緯や今後の話を聞いた後 病室で会った彼女は
かすかに当時の面影があったけど浮腫みが酷く別人
私たちが知っているYちゃんではなかった
自発呼吸も出来ず 呼吸器は外せない
もう この先普通に戻るのは不可能だと言われているという
家事の途中で頭が痛い と言って 我慢強い子だったからか3,4日家で休んでいたという
病院に行ったときはまだ自分で歩けていたし 早く来てよかったねと言われたのに
手術中に大出血を起こし 一番起きてほしくない事が 起きてしまったと


「Yちゃん、来たよ、久しぶりに会えてうれしいよ!」
不可能と言われても 一筋の望みは捨てられない
脳の刺激になるかもしれないと 耳元であの頃の懐かしい話をしたり
筋肉の硬直を少しでも解消できればと みんなで手足をさすって曲げ伸ばししたり
顔を化粧水で整えてあげたり 乾燥した肌をハンドマッサージしたり
一時間ほど触れ合うと 見えているのか聞こえているのか 時々瞼を動かしてくれた
頭部は坊主頭 手術の跡が痛々しかったけど 色白で器用だったYちゃんの
指先は細く長くスラリとしていて 一緒に働いていた頃のままだった 


私と同い年のYちゃん 二人の男の子がいて 下の子は今大学受験
子供たちの事が心配だろう これからどんな大学に行って どんな会社に勤めて
どんな女性と結婚して 孫が出来て 子供たちの成長を楽しみにしていたのに 
ついこの間まで家族仲良く普通に暮らしていたのに
ご主人も 子供たちもそれはそれは辛いだろう
でも 一番無念なのは Yちゃんじゃないのかな


ご主人に見送られ 病院を後にした私たちは ふぅ とため息をついた

私たちの仲間で一番お姉さんで一番明るくて
一番ハチャメチャだった先輩が


「Yちゃんが 私たちを引き会わせてくれたんだね」


明日がどうなるかなんて 誰もわからない
それはみんな一緒 お金持ちだって お金がなくたって
若くったって 若くなくたって みんな平等
お見舞いだからって 神妙な顔をすることはないんだ
そんなこと Yちゃんだって望んでいない
今こうして生きている意味を 今日 あなたから教わった気がするよ
懐かしい友人に会って 懐かしい話をして
大きな声で笑った 楽しいひと時だった


「また必ず会おうよ ね」


そういって 笑顔で別れた
嬉しさと悲しさが交差した 暮れの一日






ねことねてようび

この週末は風邪を悪化させてしまったので お出かけはおやすみ

201412-2.jpg
いつもなら天気の良い休日は ちょっとぐらい調子悪くても出かけてしまうのだけど
今回は起きているのも辛くて これは変だな と内科に行ったら
「気管支ぜんそくみたいな胸の音がするから 早く治さないとまずいよ」
と言われ あー納得 この息苦しさ 胸の重みはそのせいだったのね

なので おとなしく猫と寝てました

我が家の猫のちゅーさんももうかなりなご高齢 19年位生きてる
最近はご覧の通り寝ていることが多くなったし 背骨がゴリゴリするくらい痩せてしまったけど
食欲はあるしまだ大丈夫みたい お互い頑張ろうね





2014-3.jpg
久しぶりにゆっくり家にいた日 庭の木をまじまじと眺めてみた
う~~ん 今年の柚子はやっぱり不作のようです
ジャムにするほど取れないっぽい 小さいし 去年が多かったから仕方ないかな


話は変わりまして・・・


201412-1.jpg
先週飲んだワインが美味しかったので すぐにお取り寄せしました

△肉専用黒ワイン Carnivor カーニヴォ

フルボディなんだけど よくある渋みが残る味ではないのです
渋みさえもまあるく まろやかなお味なのです
クリスマスまで 開けないで眺めておこう(v´∀`)


ゆっくり眠ったので 大分よくなった気はするのですが(*´ェ`*)どうかな?
このまま完治して 年末まで頑張れるといいな







手作り燻製ハンドブック

見ているだけでも甘く深い薫りが漂うような
そんな素敵な本が出ました

kunsei.jpg


「手作り燻製ハンドブック」
燻製道士


作った事のない私でも
出来そう!と思えるくらい作り方が丁寧に載ってます

秋の夜長 燻製の煙ユラユラ
完成を楽しみながらお酒を飲みたくなるような
・・・そそられる本です

これからの季節 プレゼントにもいいかも( ´ ▽ ` )



このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。